スルーラの最安値価格調査結果はこちら! 妊娠サポート善玉菌サプリ


スルーラの最安値購入はこちら!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓






スルーラは不妊症、不育症、初期流産に悩んでいる方にもおすすめ!

スルーラ 公式サイト

スルーラは善玉菌の作用によって腸内フローラを整えて根本的に健康な体づくりを目指すため、治療薬のように副作用などの症状は心配する必要いりません!



そんなスルーラですが、最安値で購入する方法を調査しました。


楽天ではスルーラックばかりがヒットして、スルーラは見当たらず。
スルーラック 楽天
「スルーラ」での検索結果



アマゾンでも見つかりませんでした
スルーラ アマゾン
「スルーラ」での検索結果



今なら公式サイトが特別キャンペーンを行っていて、2700円/月からスタートできてお得です。
スルーラ 公式サイト


全額返金保証制度を有効活用しましょう!スルーラ 全額返金保証制度

スルーラの有効成分とその効果、副作用


スルーラの重要成分は?

スルーラの成分

スルーラの重要成分は、葉酸&葉酸含有酵母・ビタミンB12・ビタミンB6になります。

妊娠初期に大事な葉酸含有酵母は厚生労働省推奨のモノグルタミン酸型葉酸を酵母にとり込ませることでより吸収率を高めた葉酸サプリの事です。

葉酸サプリとして有名なベルタ葉酸にも使用されていたりします。

これに、ビタミンB12を合わせて摂ると効率よく血液を作ることが可能になりました。

ビタミンB6も葉酸と一緒に摂ることでタンパク質合成を助ける働きをしてくれます。



乳酸菌生成物質

更にスルーラに含まれる腸内環境がを整えてくれる働きの成分、難消化デキストリン・乳酸菌生産物質・21種の乳酸菌・オリゴ糖ですが、難消化デキストリンは水溶性食物繊維のことで、腸内でゲル状になり、不要な物質を取り除いてくれます。


スルーラのフルーツ酵素・植物由来酵素の働きは栄養価が高くて抗酸化作用のあるフルーツ酵素と、植物由来の酵素によって消化吸収を効果的にサポートしてくれます。

この摂取によって代謝も良くなり血液のめぐりや便秘解消、冷え改善にも効果があります!


『スルーラ』は添加物は不使用

『スルーラ』にはカラダへの悪影響が将来的に懸念されるといわれる添加物を一切使用しておりません。

<スルーラが使用していない添加物>の一覧です。

人工着色料・人工甘味料・保存料・酸化防止剤・膨張剤・防カビ剤・光沢剤・そして放射性セシウムの検査もクリアしています。



『スルーラ』を服用することによって、放射性セシウムを摂取してしまう危険性もありません。

GMP認定工場での検査によって『スルーラ』には、放射性セシウムも含まれていないことが科学的にも証明されているそうです。

また、一般的な不妊治療の場合であれば治療薬などによる副作用の心配があると思いますが・・・

『スルーラ』は善玉菌の作用によって腸内フローラを整えて根本的に健康な体づくりを目指すため、治療薬のように副作用などの症状を心配する必要はないそうです。



■スルーラの成分一覧

難消化デキストリン、乳酸菌生産物質(大豆・乳酸菌)、海藻エキス、オリゴ糖、穀物発酵エキス、野草発酵エキス(デキストリン・オリゴ糖・砂糖・てんさい・ヨモギ・その他)、乳酸菌凍結乾燥末、葉酸含有酵母、マキベリー果汁パウダー(マキベリー果汁・デキストリン・粉末モミガラ)、殺菌ビフィズス菌体、殺菌乳酸菌体、香料、アントシアニン色素、ビタミンC、甘味料(ステアビ)、ニコチン酸アミド、ビタミンB12、L−バリン、L-ロイシン、L−イソロイシン、L−リジン塩酸塩、L-メチオニン、L-フェニルアラニン、L-トレオニン、L-トリプトファン、L−ヒスチジン、ビタミンB6、葉酸、抽出ビタミンE、ビタミンB1【原材料の一部に大豆、乳、ヤマイモ、リンゴ、小麦を含む】

正常な妊娠に腸内環境が必要なわけ


どうして”妊活”に”善玉菌”が関係してくるのでしょうか?

・・・その答えは、妊娠する力と腸内環境にはとても深い関係があることからです。


一般的に妊活といえば、妊娠に有効な葉酸やマカ、鉄分などの栄養素をサプリメントなどで摂取することや、体を温めること、また漢方療法などがあげられます。

そんな中で、妊活中に人に意外と知られていないのが“腸内環境を整える”ことの重要性なのです。

スルーラの最も大事な部分ですね!


女性の場合は、骨盤内に腸や子宮、卵巣といった妊娠に重要な臓器がおさまっています。

しかし、便秘で腸に老廃物がまたり、また血行不良で冷えたりすることでも、子宮や卵巣には悪影響を与えてしまいます。

女性は子宮や卵巣の働きが低下してしまうと、ホルモンバランスや自律神経が乱れ、正常な妊娠機能が低下してしまい、妊娠しにくくなってしまいます。

また、便秘が続くと腸内で有害な活性酵素が溜まると、卵巣の老化が早まることもあります。

これもまた妊娠しづらい原因につながってしまいます。


そんな時、スルーラの出番です。

妊娠の前から腸内環境を正常化し、かつ抗酸化作用のある食品を積極的に取ることで妊娠への道が近道になるんですね!

乳酸菌の必要性

正常な妊娠になぜ”腸内環境”が重要なのか



@腸内環境が正常でないと、せっかく摂取したサプリメントや食生活の改善も無意味になってしまうから

腸とは簡単に説明すると・・・摂取したものから栄養素を取り出し体内に吸収する大切な器官といえます。

腸内環境が悪ければ、妊娠に効果の期待できるサプリメントを飲んだとしても、サプリメントに含まれる豊富な栄養素を十分に吸収できずに体外に排出してしまうのです。


A便秘や体の冷えは妊娠機能を低下させる?

重度の便秘というのは、腸に老廃物がたまった状態といえます。

また便秘による血行不良は冷えにもつながり、妊娠に大事な子宮や卵巣の働きを低下させてしまいます。

女性本来の機能が低下してしまうと、ホルモンバランスや自律神経が乱れ、正常な妊娠機能が低下してしまい、結果妊娠しにくくなってしまうというわけです。


Bストレスは妊娠を望む妊活中には最もNGです!

人間は腸内環境が良くなると、自然にポジティブ思考になるといわれます。

それは、常に腸内環境が整っていると、脳から幸せを感じる「セロトニン」や「ドーパミン」という物質が作られるのです。

正常に幸せホルモンが分泌されると、イライラが減り、ストレスが軽減できるわけです。

妊活中のストレスは絶対に避けたいものです。

スルーラの乳酸菌で良好な腸内環境を作り上げ、心身ともに健やかに過ごしましょう!




○妊婦さんが善玉菌を増やすことで得られるママと赤ちゃんのメリット

スルーラで善玉菌を増やすことでどんなメリットがあるのか?


善玉菌が増えると陣痛の時間が短くなり、リラックスして初乳を与えられます! 

出産直後に良いおっぱいを出すためにも分娩中の時間は大きく関係してきます。

長時間の分娩時間はママの体力は消耗してしまい、一番の栄養である初乳をベストな状態で与えられなくなることになります。

陣痛をできるだけ長引かせないためにも善玉菌で腸内環境を整え陣痛時間を短くしましょう。これは赤ちゃんへの思いやりです。

ママが苦しいことは赤ちゃんも苦しいのと同じです。

妊娠中は便秘ぎみになりますが、上手に乳酸菌を摂取して出産直前までにスルーラで便秘を解消しておきましょう。



ママの栄養は全部そのまま赤ちゃんに引き継がれます! 

妊娠中からママの摂取した栄養分は全て赤ちゃんへ行き届くのです。

妊娠中は食べ物や嗜好品などを意識的に、赤ちゃんの栄養となる食品を摂るようにしましょう!

妊娠中はできる限り自然のものを摂取し良いお乳を出せる環境を整えておくことが大切です。

栄養が不足しがちかな?と思った時には食品であるサプリメントなどで補いながら、腸内をきれいに保っておくことも忘れずにしましょう!



ママの免疫力をアップすればアレルギー遺伝を防ぐことも! 


ぜんそく・アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎(花粉症)というトライアングルで常にどれか一つを発症している状態です。

こんな状況を赤ちゃんに引き継がせたくないので、免疫力を高めることに力を注ぐことにしました。

自らが免疫力を高めることが何よりも良い出産につながるはずと思いました。

ママの栄養は全て赤ちゃんに引き継がれてしまいます。

そんなことから自分がまずアレルギー体質を脱出!するために食品だけでは力不足と考え乳酸菌サプリメントを活用することにしました。

乳酸菌のおかげで、私自身のアレルギートライアングルは出なくなりました。

しかし・・・食物アレルギー(そばアレルギー・ナッツアレルギー他・・・)だけは完治していません。

でも妊娠中の乳酸菌で腸内環境が改善されて子供にアレルギーが引き継がれなかったことが何よりもありがたかったです。

スルーラ実際に飲んでみて

妊娠中にも腸の健康は超重要です!

スルーラで元気な胃腸を!



●妊娠すると免疫力が落ちてしまいます。

腸には免疫細胞の約7割が集まっているといわれていますが、女性は妊娠することで、お腹の赤ちゃんを守るためにママの免疫力は自然と低下してしまうのです。

妊娠中に極度に免疫力が落ちてしまうと、風邪やインフルエンザにかかりやすくなってしまいます。

防ぐためにも、今から腸内環境を整えて極度な免疫力低下を避けるよう心がけましょう。


●妊娠初期はどうしても便秘になりやすいもの

女性の体は妊娠すると特に初期には、黄体ホルモンの影響で多くの妊婦さんが便秘に悩まされます。

また、鉄分不足になりがちで、処方される鉄剤も便秘の原因になってしまいます。

いつもトイレで激しくいきんでしまうと、赤ちゃんにも良くありません。

そのためにも腸内環境がを整えて早めのスッキリ対策をしておきましょう。


●お母さんの腸内細菌は、産まれてくる赤ちゃんにそのまま受け継がれます

帝王切開は別として、赤ちゃんが生まれるときには産道を通してお母さんの腸内細菌を受け継ぐと言われています。

妊娠中は特に便秘になりやすいので、悪玉菌だらけの腸内細菌を赤ちゃんに受け継がせないためにも、スルーラを中心とした乳酸菌で腸内環境を整えておきましょうね。



スルーラの最安値購入はこちら!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓




FX業者